RyomaのだぶるFXトレード

裁量&自動売買で少額から億を目指す副業FXトレーダーのブログ

GogoJungleでEAを購入するときに失敗しないポイント

f:id:sryoma1108:20190904234153j:plain

GogoJungleには比較的低価格で、魅力的な優良EAが並んでいます。

 

GogoJungle - 自動売買・相場分析・投資戦略の販売プラットフォーム

 

もちろんネットに転がっている無料EAよりは信頼できるものの、優秀なEAもあれば、あまり利益を上げづらいEAももちろんあります。

 

私も、初めて購入したときは2つほどハズレを引いてしまいました。

 

この記事では、初めて利用する方ができる限り優秀なEAを選べるように、EAを選ぶ際のポイントを紹介します。

 

これだけで選ぶのは危険です!


売れ筋ランキング上位


「みんなが選んでいるから良いものに違いない!」なんて根拠だけで選んでしまうのは危険です。本当に良いEAである可能性もありますが、みんなが騙されてる可能性もあります。

 

良いEAだとしても、自分が使用している証券会社のスプレッドや値動きの細かい違いにより、みんなとは違う悪い結果が出てしまう、なんてこともよくある話です。

 

さらに、つい先日までランキング1位にいたEAが大きなドローダウンを受ける事で突然ランキングから姿を消す事もよくあります。


「複利運用で、100万円が数年間で○○○億円!」など、広告が魅力的なもの


1トレード単位で大きな利益を狙うEAは、いっときの高勝率時期が来ると複利運用により短期間で非常に大きな利益を得られる傾向にあります。

 

つまり、そこだけを抜き取って「こんなに良い結果だよ!」なんて広告の出し方をしている可能性が高いです。広告のためにカーブフィッティング(一時期の相場に合わせてプログラムを最適化する)をしている可能性があります


怪しい広告はこれ以外にも

「こんなに頑張って作り上げました!」→努力とEAの性能は関係ありません。

「損小利大!」→損切り幅に対して狙う利益が大きいというだけで、勝率と平均利益が低いかもしれません。

 

フォワードテスト、バックテストの結果が右肩上がり・・・しか見てない!


テスト結果は、右肩上がりである事以外にも見るべきポイントがいくつかあります。

私も初めて EAを購入したとき、ランキング上位、フォワード&バックテストともに右肩上がりだからといって買ってしまいました。結果、購入直後に私の口座残高とともにフォワードテストも大きなドローダウンを受ける状況となり、そのEAはランキングから姿を消しました。


フォワードテストの成績が良いのはもちろん良いことですが、GogoJungleの出品者の傾向として、GogoJungleのサイトに登録後、しばらくフォワードテスト状況を様子見し、偶然にも(?)良い結果が出ているものを全面に売りに出してきている傾向があります。


とくにフォワード状況がバックテストの結果に対し、成績が過剰に良いものは注意が必要です。

 

負けやすいEAの場合、たまたま現在の相場に合う事で一時的に成績が良いかもしれません。

 

負けにくい素晴らしいEAであった場合でも、バックテストに対して過剰な好成績という事は、購入後すぐに大きめのドローダウンを受ける可能性が高まっていると見た方がいいです。


バックテストについても、右肩上がりはもちろん、それ以外に見なければいけないポイントがあります。

 

以上の注意点を踏まえて、私が購入前に分析するポイントをご紹介します。

 

私がEAを選ぶときに見るポイント(重要度順)

1.バックテスト結果

やっぱり、まずはEAの長期間のバックテスト結果ですね。

私がバックテスト結果で見るべきポイントはここです。

 

・バックテスト期間

 →少なくとも10年は欲しい。とくに2008年のリーマンショック、

  2019年1月3日のフラッシュ・クラッシュが期間に入っているほうが安心です。

 

・スプレッド

 →国内口座を使っているならあまり心配ないですが、私のようにスプレッドが

  広い海外口座を使っている場合にはスプレッド設定が3~10だと注意が必要です。

  確実なのは出品者に高スプレッドでのバックテスト結果を要求してみることです。

 

・最大ドローダウン

 →証拠金と設定ロット数に対してどれくらいの損失を受けているかを見ます。

  とくに「初期証拠金<最大ドローダウン」になると、途中まで利益をあげて

  きたからドローダウンに耐えただけで、運用開始直後にそのドローダウンが

  きていたら破産していたことを意味します。

 

また複利設定のバックテスト結果は、あくまで参考程度に見るようにしてください。

ロット設定が都度変わるので、評価しづらいからです。

 

2.フォワードテスト結果

 

・フォワードテスト期間

 →6ヶ月以上あると嬉しいです。

  月ベース、半年ベースで実際に利益を上げているか、その目安として見ます。

  ただし、バックテスト期間ほどは重要視していません。

 

・使用証券会社

 →フォワードテストを実施している証券会社名が記載されているので、フォワード

  テスト結果と自分の口座の結果が剥離する事を嫌う場合は、同じ証券会社を

  使ったほうが良いでしょう。気にする人が多いようなので書きましたが、実際

  私は全く気にしません。

 

・ロット設定

 →大きな利益でアピールしたいためか、バックテストで設定されている証拠金に

  対してのロット数よりも高いことが見られます。

  

  バックテストでは500万円に対して1Lotでテストしているのに、

  フォワードテストでは100万円に対して1Lotになっているなど。

 

  つまり、リスクを取りすぎということです。

 

  「売上のために利益を多く見せようとしているのかな?」

 

  というふうな、出品者に対するマイナスポイントになります。

 

3.EAの出品者(開発者)

 

EAの性能以外で一番気にしているのがこれです。

 

「どんな人が出品しているのか?」

 

 

まずは出品者名をクリックして、出品者の別EAをざっくりみます。

 

気になって開いたEAが凄ーく魅力的に見えても、別のEAを見てみると

 

「この人のEAはどれも安定した利益を上げていて信頼できるな」

 

「同じようなEAを出品してるけど、それは大きなドローダウンを受けてるな」

 

「一時的に調子の良いEAがランキングに上がってるだけで、結局他のEAと同じ結果になりそうに見えるぞ。」

 

「同じようなEAを売りまくってるぞ(少し設定を変えて別商品として売っているんじゃないか?)」

 

また、評価やコミュニティから見える出品者像を確認します。

 

「購入者に対する出品者の回答は凄く真面目で、ちゃんと検証した上で回答しているなど、自分が質問したときも回答に期待できそうだ」

 

「回答はしてるけど、都合の悪い質問には誤魔化している様子が見られるぞ」

 

こんなことが見えて来ます。

 

自分が買ったEAがこの先利益を上げてくれるのかは誰にもわかりません。

それなら、少しでも信頼できる出品者がいいですよね。

 

4.評価&コミュニティ

出品者像の確認にも使いましたが、それ以外にも

 

・評価は良いか?(単純に)

・自分と同じ証券会社を使ってる人はいるか?その人は利益が出ているか?

・商品データでは見えなかった商品の特徴が書かれていないか?

 

こういったところを私は見ます。

 

とくに購入者自身がバックテストした結果などをコメントしてくれていると、とても役に立ちますね。

 

 

まとめ

 

今回はGogoJungle(ゴゴジャン)EAを購入する際のポイントでしたが、後日、EAの始め方や、私が実際に使用していておすすめするEAをご紹介していきたいと思います。