RyomaのだぶるFXトレード

裁量&自動売買で少額から億を目指す副業FXトレーダーのブログ

私のロット設定 - 5分足スキャル&デイトレード

Ryomaです。

私の裁量トレードでのロット設定をご紹介します。

 

証拠金10000円につき0.01Lot(※1000通貨)を最大10ポジ

 

これは、FXismの及川圭哉さんのYouTube動画等を参考に設定したロット数です。

 

証拠金(実際はボーナスも合わせた「有効証拠金」をもとに計算)が10000円あれば、1ポジションを0.01Lotに設定し、それを10ポジションまではエントリーするということです。

 

つまり、10000円で合計0.1Lotまで一時的にエントリーすることになります。

 

10個に分割している理由には、

 

打診エントリー用

 

例えば相場が下目線で戻りが発生しているとき、

「そろそろ下がりそうだけど、損切りポイントまではまだ距離があるな」

こんなとき、とりあえず1~2ポジションエントリーします。

 

そのまま利確ラインまでいけば利確しますし、逆行すれば次のナンピンをします。

 

ナンピン用

 

打診エントリーのあと、損切りポイント付近まで逆行したら、そこでさらに2~4ポジションエントリーします。当然、損切りポイントをローソク足の実体が抜けたら損切りしますが、抜けなければチャラ逃げや最初のエントリーを飛び越えて大きな利益をあげられるチャンスがあります。

 

ナンピンできる余力を最初から残しておくのは、多少は逆行することを踏まえてトレードできるので、ナンピンできるというのは気持ちにも余裕ができます。

 

別通貨ペア用

 

私は通貨ペアを10種類みているので、相関関係のない通貨ペアで同時に2個チャンスが現れたりするわけです。そこで打診+ナンピンのポジションを2通貨ペア分持てれば、どちらも美味しくいただけます。

 

ただし、5分足トレードだからこのロット設定です。

 

注意点として、私は数pips~20pips程度の利益を狙うのでこのロット設定です。

 

時間足が長くなるほど損切り幅も利確幅も大きくなるはずですので、もし私がスイングトレードなどする場合は、相応にロット設定は小さくします。

 

国内口座だと証拠金不足でこのリスクはとれない

 

国内口座のレバレッジ25倍では、私のロット設定はできませんので、必然的に海外口座でしかこのリスクは取れません。

 

私のロット設定の場合、レバレッジ200倍程度必要になります。

 

(例)

ドル円(USD/JPY)が0.01Lot(1000通貨)あたり5000円の証拠金が必要だとします。

(実際は4000円~4500円程度だと思います)

 

その場合、0.01 Lotを10ポジション持つには50000円必要になります。

国内口座では、私が本来取りたいリスクの5分の1しか取れないことになります。

 

 

ちなみに自動売買(EA)はEAにより異なりますが、一つのEAが大きめの損失を受けた場合に一回のトレードで受ける損失率は、資金の5%程度を目安にしています。